.

融資を受けた際、返済をする時には利子分を含めての支払いになるのは知っているはずです。カード会社は経営の利益を目当てとした会社なのですから必然です。しかし返済する方は、1円でも少なく返済したいと考えるのが本音でしょう。利息制限法が適用される以前は年率30%近い利率を払わされていましたが、施行後は高くても年間18%位とかなり低く定められていますので、かなり良くなったようです。この頃のキャッシングの利息の幅は4%位から18%位の幅に定められていて、利用可能額により定められます。利用可能額は申込み本人の信用度によって決定されます。総量制限により収入の1/3までと設けられていますので、年の収入がどれくらいあるのか?どういった仕事をしているのか?クレジットの利用状態はどうなのか?もろもろ調査され与信金額としてキャッシングサービスの内容が決まることになります。カードを使ったキャッシングの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各会社でサービスは一様ではありません)と広い枠があります。そうしてその範囲の中で決められた使用可能金額により利子も決まってしまいます。50万円なら年18%、300万円なら年間12%、800万円なら年率4%といった数値になります。つまり、信用が高評価であれば、与信限度額も上がり、金利も下がります。これに違和感を感じるのは私しだけでしょうか?余談となりますが、カード業者にとって、それらの事実は無論問題がない事なのでしょうが、収入の多い人がキャッシングができないと困るとは考えずらいですし、万が一キャッシングしたケースでも金利が良かろうが悪かろうがお金の支払いに追われる事はないです。むしろ年の収入の少ない人は咄嗟にお金がほしいから融資を受けるという方がほとんどです。利率が良くないとお金の支払いに困るなるはずです。ですので利用可能幅の小さい人こそ低金利で利用できるようにすべきです。この考えは活用する立場としての考えです。この事を考えると、金利を低くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら気付いたでしょう。事実、このようにして手続きを申し込む人がほとんどなので説明しますと、カードローンの申し込みをする時、年の収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みの手続きをするのです。年収900万円なら300万円で申し込み、カードローン審査で満額通ればその分利息が安いクレジットカードを持参することができると思います。であっても限度額ギリギリまで使わなければならないというわけではありません。5万円でも20万円でも必要な分だけ使えます。さらに最高利用可能枠が300万円で最低利息年7%位のローン業者も有りますので、そちらを申請すればその企業の最低金利で返済できるようになります。どう思いましたか?見方を変えるだけで低利率のカードローンを持参することが出来るのです。自分の一年の収入と金融業者の金利を並べて、考える事に時間を掛ければ、より満足できる状態で返済ができるのですから、しっかりチェックするようにしなければなりません。